スマホで読む

エッチなお姉ちゃんに搾られたい

「エッチなお姉ちゃんに搾られたい」は、久々に帰省した弟が、アヤ姉とメグ姉の色気に圧倒されていくお話。
セリフ付きのCG集で読むことができます。

エロえろな格好で家じゅうを歩き回るメグ姉と、いつも慰めてくれるやさしいアヤ姉の二人が、競うようにして弟の俺のあそこを奪い合います。

「エッチなお姉ちゃんに搾られたい」を、スマホでこっそりと読んでみましょう。

人気漫画ランク

星ランク4

「エッチなお姉ちゃんに搾られたい」の人気漫画ランクは、高ランクの4スターです。

二人の姉の描写が素晴らしいです。

このあり得ないほどの巨乳と、あそこの表現は、見ていて圧倒されますね。

そして、セリフ付きのCG集なので、セリフを聞きながら、マンガを読んでいけます。

私も搾り取られたくなります。

エッチなお姉ちゃんに搾られたい
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:エッチなお姉ちゃんに搾られたい[タイトル直] SP/PC-SEO

あらすじとネタバレ

「エッチなお姉ちゃんに搾られたい」 の主人公は、二人の姉の色気に耐えかねて進学と友と共に家を出た俺と、二人の姉たち。

上の姉のアヤメは、とても清楚でやさしくて、色っぽくて、色白な肌をしている。

下の姉のメグミは、自由奔放な活動的な褐色ギャル。

対照的な二人だけれど、共通していることはエロいこと。二人して、童貞の弟をからかって喜んでいるのです。

メグ姉が二階へ上がる階段へ。

いつもパンツで歩き回っているので、メグ姉のパンツが丸見えに。

すると「なんだ。アタシのパンツ見たいの?もっとよく見せてやろうか? お姉ちゃんのヒョウ柄のパンツ...」

と言って、メグ姉は、階段に座り込み、大股を広げる。

「このピンクのヒョウ柄、すっげえ男ウケがいいんだよ!」

といいながら、大事なところを、くにゅくにゅっ...

俺は、〇ン肉のはみ出したあそこを見せられて、「俺...もう...」。

「せっかくだから、おっぱいも見とく?」と、メグ姉。

エッチなお姉ちゃんに搾られたい
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:エッチなお姉ちゃんに搾られたい[タイトル直] SP/PC-SEO

アヤ姉は清楚でおだやかな癒し系タイプ。 近くにいるだけで、周りの男たちは勃起してしまうのです。

今度はそのアヤ姉が「パンツ見たいの?」。

「ごめんね...パンツはいていないんだぁ~。ほら見える?お姉ちゃんの大事なところ!」

「私で良かったら、女の子のコト、教えてあげられるんだけど」

「おっぱいも見たいの? いいよ♪ 全部見せてあげる!」

「うわぁ!こんなに大きくして..私の身体で興奮してくれるなんてウレシイな!」

おっぱいもマ〇コも、すっげえ~!

やわらかそう...

二人のエロさは、どんどんエスカレートとしていきます。  そして、ついに...

感想

「エッチなお姉ちゃんに搾られたい」は、絵がとてもきれい。

二人の姉が、かわるがわる身体を見せてくれます。 そのしぐさがとてもかわいい。

この挑発に耐えかねた弟は、ビンビンになって、ついに姉たちの中へ...

なんとも、予想を外さないエッチな姉たちです。

純粋にエロ姉たちを楽しめる作品ですので、ぜひご覧ください。

エッチなお姉ちゃんに搾られたい
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:エッチなお姉ちゃんに搾られたい[タイトル直] SP/PC-SEO

PCで読む

この「エッチなお姉ちゃんに搾られたい」は、DMMコミック同人から販売されていて、大画面ではっきりと見る事ができます。

スマホで見るだけでなく、PCでも大画面で見れますので、際どい部分までキレイに見れて、とってもお得!!

このページにあるリンクは、すべてPCでも見れますので、クリックして、まずは立ち読みしてください。

公式サイト

「エッチなお姉ちゃんに搾られたい」は、公式サイトで、無料試し読みが出来ます。気軽に読んでみましょう!

公式サイトの無料立ち読みはこちら上のバナーをタップして「エッチなお姉ちゃんに搾られたい」のDMM公式サイトの画像を見ることができます。

公式サイトの画像下方の「詳細を見る」をタップすると、無料立ち読み用の「サンプル画面」が出てきますので、無料立ち読み用の「小さい画像の一番左側」をタップすると、無料立ち読みがスタートします。
画面が変わっても、無料立ち読みが始まらない場合は、画面下にある「コチラから」をタップすると、無料立ち読みがスタート。

下方にある「今すぐ購入」「バスケットに入れる」をタップしなければ、料金は発生しませんので、安心して上のバナーから、無料立ち読みを、思う存分に楽しんでください。

公式サイトですから、ウイルスやスパイウエアの心配は全くありません!

良かったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてね。