スマホで試し読み

ビッチ・オン・ザ・ポール

ビッチ・オン・ザ・ポールは、憧れのダンサーなるために上京したミキが、色気が必須であることを知り、トレーナーとエロダンスのトレーニングを積んでいくお話。

見事なカラダの線をこの快楽ダンスレッスンで見てみませんか?

スマホでこっそりと読んでみましょう。

人気漫画ランク

ビッチ・オン・ザ・ポールの人気漫画ランクは、3スターです。

何ともイヤらしい絵で構成されていて、色っぽさが半端では無く、迫ってくる感じがあります。

ダンスとは言いながら、フェラしたり、カラダを捧げたりしながら、トレーニングは進んでいくのです。

なかなか良い眺めですよ。

ビッチ・オン・ザ・ポール
無料試し読み画像入口↓↓

ビッチ・オン・ザ・ポール

あらすじとネタバレ

ビッチ・オン・ザ・ポール の主人公は、ミキ。

ミキは、小さい時に見た「ジェシカ」と言うダンサーに憧れて、同じダンサーになる夢を持っていたのです。

そしてある日、田舎的から、ダンサーになるために上京したのでした。

ミキは、ジェシカが所属していたカサンドラに入門を果たして、トップダンサーになろうとやる気満々。

小さいころからの憧れのジェシカがいたカサンドラにいると思うと、気持ちが高揚するのです。

まずはカサンドラのオーナー面接を受ける事になります。

カサンドラの一員になりたいミキは必死です。

ビッチ・オン・ザ・ポール
無料試し読み画像入口↓↓

ビッチ・オン・ザ・ポール

ダンサーに必要な筋肉と肉体を見るために、マイクロビキニを着ける様に言われるミキ。

小さいころからの夢が叶うのだから「そのくらいの覚悟はある」と言いながら、ミキはマイクロビキニを着けてオーナー面接に臨みます。

そして、オーナーにミキ自慢の肉体を見せつけるのでした。

オーナーはその肉体美に唸るほどで、ビジュアル面は合格。

ダンスは、さらに色気が必要になると言う事で、オーナーはマイクロビキニのまま激しいダンスを要求する。

さらに、ミキの魅力を引き出すために、エッチな指示を出していく。

明らかにセクハラと思える指示だが、これはカサンドラでは当たり前なのです。

ミキは、恥ずかしいと思いながらも、ジェシカみたいになりたいと言う一心で、エッチな指示に応えていく。

ビッチ・オン・ザ・ポール
無料試し読み画像入口↓↓

ビッチ・オン・ザ・ポール

カサンドラに所属するダンサーたちは、皆エロいボディーなのです。

オーナー面接で、カサンドラではエロが必須である事を学んだミキは、トレーナーとエロダンスのトレーニングを積んでいきます。

マイクロビキニでポールダンスをしながら、逆さのまま強制フェラをさせられるミキ。

こんなことでは負けない、と根性を出して、トレーナをイカセル事に成功。

さらに、エロトレーニングはミキの体内まで入っていくことに。

ビッチ・オン・ザ・ポールの感想

ビッチ・オン・ザ・ポールは、カサンドラで評価されるために、エロいダンスをトレーニングしていく話です。

オーナー面接の部分も良いですが、トレーナーとのポールダンスが、最もみどころだと思います。

描かれている絵が、なんともイヤらしい絵なので、絵を見ているだけで、楽しめますね。

ミキの一生懸命なところに心を打たれます。

ビッチ・オン・ザ・ポール
無料試し読み画像入口↓↓

ビッチ・オン・ザ・ポール

PCで試し読み

最近は、スマホ用のサイトが多くて、PCで大画面でゆっくりと読みたいと思っても、QRコードが出てきて見れない...と思っている人が多いと思います。

このサイトでは、PCの人も「ビッチ・オン・ザ・ポール」を大画面ではっきりと見る事ができるページを用意しました。

「DMM電子コミック」は、PCで大画面で見れるだけでなく、ぼかし部分が他よりも小さいのです。

際どい部分まで、キレイに見れて、とってもお得!!

下の画像をタップして、「ビッチ・オン・ザ・ポール」の、DMM試し読みを、見に行って下さい。

ビッチ・オン・ザ・ポール
PCの方は、こちら↓↓↓↓をどうぞ。(スマホでも見れます)

ビッチ・オン・ザ・ポール

公式サイト

「ビッチ・オン・ザ・ポール」は、公式サイトで、無料試し読みが出来ます。気軽に読んでみましょう!

公式サイトの無料立ち読みはこちら上のバナーをタップして「ビッチ・オン・ザ・ポール」の公式サイトへ訪問します。
公式サイトで「無料立ち読み」→「今すぐ無料で読む」をタップすると、無料立ち読みがスタート。

公式サイト右上の「会員登録」で会員登録して、月額コースなどを申し込まなければ、料金は発生しませんので、安心して、上のバナーから、無料立ち読みを、思う存分に楽しんでください。

公式サイトですから、ウイルスやスパイウエアの心配は全くありません!

良かったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてね。