スマホで試し読み

根暗少年の復讐ハーレム調教計画

「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」は、虐げられていたのりおが、奮起して、そんなひどい女性達に復讐する話です。

復讐と言っても、女性の快楽を追求してあげるので、そんなに悪い事ではないかも知れません。

女性たちが調教されていく姿を、楽しみましょう。

「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」を、スマホでこっそりと読んでみましょう。

人気漫画ランク

「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」の人気漫画ランクは、高ランクの4スターです。

のりおの復讐シーンが、なんといっても見どころです。

ずっと虐げられてきた、溜まり溜まったものをぶつける姿は、容赦がありません。

彼女たちを昇天させて、最高にイカせるのです。

調教して復讐と言うよりは、女性たちが調教されて、反面喜んでいると言う感じなのかも知れませんが...

そんな調教シーンが見ものですよ。

根暗少年の復讐ハーレム調教計画
無料試し読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:根暗少年の復讐ハーレム調教計画 SP/PC-SEO

あらすじとネタバレ

根暗少年の復讐ハーレム調教計画の主人公は、少年・佐々木のりお。

のりおは、小さな体付きで地味で根暗な性格。

これまで、女性に虐げられ続けてきたのでした。

ある日、のりおはそんな女性たちに復讐するために「ミソギ事務所」と言う復讐専門の業者に相談することに。

事務所の男から、復讐計画と共に、女性たちの弱みの情報と、女性が発情する媚薬、それから勃起力を高められる薬を受け取ったのでした。

大人になれば、誰でも他人に知られたくない秘密があるので、その情報と薬を使って、女性達を調教すると言う計画なのです。

のりおのターゲットは、母親の晴美、生意気な幼馴染の天宮千夏、差別的態度の担任の高橋佳澄、千夏の母親の天宮直子の4人です。

進路指導の三者面談で復讐開始です。

母親と担任の飲み物に媚薬を混ぜたのです。

薬の効果の出てきた時に、二人の秘密をバラしたのです。

母親は仕事での横領。高橋には、追試の不正について、秘密をバラしていく。

この弱みを握って、調教開始してゆくのでした。

幼馴染の千夏には、推薦の取り消しを、千夏の母親も巻き込んで調教を続けてゆきます。

4人は、のりおによって、逆らう事に出来ないメス豚に調教されて行くのでした。

根暗少年の復讐ハーレム調教計画
無料試し読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:根暗少年の復讐ハーレム調教計画 SP/PC-SEO

感想

「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」は、女性に虐げられていたのりおが、復讐専門の業者に相談して、女性たちの弱み情報と、女性が発情する媚薬をもらうのです。

これらをうまく使いながら、のりおは4人の女性たちを調教していくのでした。

この媚薬の効果が、何ともすごいもので、女性たちはたちまち、女の快楽のとりこになってしまうのです。

この凄まじい快楽の描写が見ものですね。

楽しんで下さい。

根暗少年の復讐ハーレム調教計画
無料試し読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:根暗少年の復讐ハーレム調教計画 SP/PC-SEO

PCで試し読み

最近は、スマホ用のサイトが多くて、PCで大画面でゆっくりと読みたいと思っても、QRコードが出てきて見れない...と思っている人が多いと思います。

このサイトでは、PCの人も「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」を大画面ではっきりと見る事ができるページを用意しました。

「DMM電子コミック」は、PCで大画面で見れるだけでなく、ぼかし部分が他よりも小さいのです。

際どい部分まで、キレイに見れて、とってもお得!!

下の画像をタップして、「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」無料画像立ち読みを、DMMへ、見に行って下さい。

根暗少年の復讐ハーレム調教計画
PCの方は、こちら↓↓↓↓をどうぞ。(スマホでも見れます)

根暗少年の復讐ハーレム調教計画

公式サイト

「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」は、公式サイトで、無料試し読みが出来ます。気軽に読んでみましょう!

公式サイトの無料立ち読みはこちら
上のバナーをタップすると、「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」公式サイトの画像を見る事ができます。

公式サイトの画像下方の「詳細を見る」をタップすると、無料立ち読み用の「サンプル画面」が出てきますので、無料立ち読み用の「小さい画像の一番左側」をタップすると、無料立ち読みがスタートします。

下方にある「今すぐ購入」「バスケットに入れる」をタップしなければ、料金は発生しませんので、安心して上のバナーから、無料立ち読みを、思う存分に楽しんでください。

公式サイトですから、ウイルスやスパイウエアの心配は全くありません!

良かったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてね。