スマホで読む

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は

「絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…」は、男性のほとんどいない島に赴任した先生のお話です。

絶海孤島で育った、純粋な女子高の美少女生徒たち9人。

そんな彼女たちには、実はしっかりと性の興味が芽生えていたのでした。

色々なタイプの彼女たちに誘惑され続けた俺は、自由でドスケベなセッ〇スを、楽しみまくることになります。

スマホでこっそりと読んでみましょう。

人気漫画ランク

星ランク5

「絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…」の人気漫画ランクは、文句なしの最高ランクの5スターです。

9人の女の子たちが、みんなキャラがっ違っていて、イイですね。

大体みんな巨乳なのですが、ひとり貧乳の女の子もいたりして、色黒や色白など、みんな少しづつ違うんです。

それが、みんなとってもかわいい!!

そして、特筆すべき点は、CG画像の多さです。

十分なボリュームで、エロエロのマンガを堪能出来ます。

間違えなく、5スターランクです。

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は… SP/PC-SEO

あらすじとネタバレ

「絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…」 の主人公は、学校の先生の俺。

突然、ふってわいた転勤話。

やっと、教師としても仕事になれてきたところだと言うのに、その転勤先は、絶海の孤島のとても小さな女子高だったのです。

なぜ、そんな絶海の孤島の少人数の学校が、男女共学ではなくて、女子高なのかと言うと、男の子がいないからなのです。

この島の住民の間では、遺伝の関係で、男の子が生まれにくく、島にいる男性は、みんな本土から婿養子にやってきた人だけ。

さらに、島内には仕事があまりないために、その男性たちも出稼ぎに行ってしまい、島内には男がほとんどいない状態になっていたのでした。

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は… SP/PC-SEO

そんなことから、年頃の女の子たちのいる女子高に赴任した俺は、特別な存在になっていたのでした。

男性に免疫の無い、絶海孤島の年頃の女の子たちとの、予想もできない新しい生活が始まりました。

巨乳や貧乳の女の子たち、色白や色黒の女の子たちが、入れ替わりに誘惑してきます。

ほとんど隠すことができないエロいビキニで誘惑したり、大きなヒップを見せつけて、中にはあそこまでも見せてしまったりして誘惑したり、目の行き場がなくなるほどです。

恥じらいのある?女子生徒たちと、ドスケベすぎる日常生活を楽しむことになったのです。

ギャル顔騎上位からのおしおきエッチや、ロリ+パイズリ=奴隷宣言、潔癖委員長の変態個人指導など...1年から3年までの、いろんなタイプ9人の女の子に合わせた、とってもエロい楽しみ方を見せてくれます。

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は… SP/PC-SEO

感想

「絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…」は、転勤先の絶海の孤島の女子高で、生徒たちに誘惑されて、9人いる女子生徒たち全員とセッ〇スする事になるおはなしです。

ほとんど男性のいないこの島では、一夫多妻制の習慣がある様で、精力のある男性が、何人もの女性たちを孕ませると言うことは、よくあることらしいんです。

そんな島に赴任した主人公は、ハーレム状態になるわけです。

お相手の女子学生は、一人を除いてみんな巨乳。

そして、従順で男には逆らえない性格の持ち主なんです。

さらに、最も重要な事は、彼女たち全員、性格がドスケベであると言うところです。

男が喜ぶことなら、なんでもしてあげると言う女生徒ばかり。

乳首が大きかったり、クリ〇リスがおおきかったり、9人とも個性が違っているので、マンネリ感は全然ありません。

そして、何しろCGボリュームが多くて、満足感そのものです。

必ず、楽しめますよ!

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は… SP/PC-SEO

PCで読む

最近は、スマホ用のサイトが多くて、PCで大画面でゆっくりと読みたいと思っても、QRコードが出てきて見れない...と思っている人が多いと思います。

でも、この作品「絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…」は、PCもサポートしているので、問題なく大画面ではっきりと見る事ができます。

「DMM電子コミック」は、PCで大画面で見れるだけでなく、ぼかし部分が他よりも小さいのです。
際どい部分まで、キレイに見れて、とってもお得!!

下の画像をタップして「絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…」の、DMM試し読みを見に行って下さい。

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…
PCの方は、こちら↓↓↓↓をどうぞ。(スマホでも見れます)

【DMMコミック】同人:絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は… SP/PC-SEO

公式サイト

「絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…」は、公式サイトで、無料試し読みが出来ます。気軽に読んでみましょう!

公式サイトの無料立ち読みはこちら上のバナーをタップして「絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…」のDMM公式サイトの画像を見ることができます。

公式サイトの画像下方の「詳細を見る」をタップすると、無料立ち読み用の「サンプル画面」が出てきますので、無料立ち読み用の「小さい画像の一番左側」をタップすると、無料立ち読みがスタートします。
画面が変わっても、無料立ち読みが始まらない場合は、画面下にある「コチラから」をタップすると、無料立ち読みがスタート。

下方にある「今すぐ購入」「バスケットに入れる」をタップしなければ、料金は発生しませんので、安心して上のバナーから、無料立ち読みを、思う存分に楽しんでください。

公式サイトですから、ウイルスやスパイウエアの心配は全くありません!

良かったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてね。

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…の番外編

ここからは、絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…の番外編です。

本編とは違う内容ですが、楽しんでくれれば良いので、エッチな内容で興味があったら、読み進んでくださいね。

仕事が終わって、家に帰ると、絶海孤島の女子生徒が、なぜか俺の家にいて、誘惑され続けるお話です。

絶海孤島の女子校でもナンバーワンの巨乳をほこる美穂ちゃんが、家の中にいたのです。

それも、シャワーを浴びようとしてお風呂場に入ったら、湯船の中に美穂ちゃんが入っていたのです。

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は… SP/PC-SEO

お風呂で誘惑され続ける俺

この日も、絶海孤島の女子校で、女の子たちへの授業がやっと終わって、帰って来たのです。

そして、いつもの様に、まずはシャワーを浴びようと、バスルームへ向かいます。

そして、服を脱いで、パンツを脱いで、バスルームのドアを開けると、何と湯船の中には、さっきまで学校で教えていた美穂ちゃんがいるではないですか?

びっくりしている俺ですが、立派に成長した女子校で一番の巨乳に目がいきます。

そのFカップはある大きな二つのオッパイを見て、俺のものはぴんぴんに...

「先生!私のカラダはきれい?」

と言って、下から両手でおっぱいを持ち上げて、お湯の上に出す美穂です。

そして、何も言えない俺の前で、湯船から身体を出していきます。

「先生!そこに座って!?」

絶海孤島のお風呂でフェラされる俺

「違うの!イスじゃなくてお風呂の浴槽の方...」

と言われて、従う俺。

目の前で、巨乳の美穂がイスに座って、こちらを見ています。

美穂は、右手を伸ばして、いきなりむんずと俺のいきり立ったものを握り締めたのです。

そして、顔を近づけてきて、先のキノコになったところをペロペロし始めました。

そして、キノコの部分を口にすっぽり入れると、舌で出口の部分とその下の線の入った部分を、丹念に舐めまわすのです。

いったん口を外すと、今度は根っこの方から先っぽの方まで、舌を這わせます。

そして、一気にキノコを口に入れると、そのまま喉の奥の方まで竿の本体を入れていきます。

一番奥まで入ると、前後運動を始める美穂。

すんでのところで動きを止めた美穂は、浴槽の座ります。

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は… SP/PC-SEO

美穂のあそこを目の前にして覗きこむ俺

「先生は、下のイスに座ってね!」

そう言われて、イスに座ると、俺の目の前は、美穂の大きなオッパイと下半身に広がる織毛。

身体に似合わず、織毛は、とても薄くて、弱々しい感じです。

とても薄い織毛の合わせ目に、縦のかわいい線が見えています。

「よく見ててね!」

と言うと、美穂は次第に彼女の豊満な大腿を広げていきます。

「まだ良く見えないわね?」

「もっと良く見せてあげる」

と言って、イスに座っている俺の肩に彼女の右足を乗せたのです。

そして、さらに左足も方に載せていく美穂。

おれの目線はその中央部分にくぎ付けです。

「先生!もっと近くに来て!」

と言われて、その中心部分に顔を近づけていくと、肩に乗せた脚が曲がって、大腿はさらに広く開いていきます。

「どう?良く見える?」

と言って、大事なところを両手で左右に開いて見せてくれます。

お風呂で誘惑された俺は、左右に大きく開いたあそこに、舌を伸ばします。

誘惑され続ける俺は…ついに我慢の限界に

今まで、美穂ちゃんに誘惑されて、なすがままになっていた俺ですが、ついにガマンの限界をこえてしまったのです。

自分のいきりたったものを、今まで目の前にあった美穂ちゃんのあそこに、あてがいます。

ヌレ濡れになっている美穂ちゃんは、スルッと受け入れてくれました。

「気持ちいい?」

と聞くと、頷く美穂。

「ちょっと待って!」

後ろから声がかかります。

絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:絶海孤島の女子校で誘惑され続ける俺は… SP/PC-SEO

女子校の生徒たちが押しかけて来た

狭いふろ場に、8人の女の子たちが後ろから入ってきたのです。

まさに始めたばかりと言うのに、邪魔が入りました。

そう思って、後ろをふり向くと、何と8人の女の子たちは、全員ハダカになっているのです。

「私たちも順番で...お願い!」

一人の貧乳の女の子以外は、みんな爆乳で、誘惑しています。

俺は、たまらずに、女子生徒たちを順番に並べて、ひとりづつ少しづつ味わいながら、その違いを楽しんていくのでした。

本当に楽しい絶海孤島の女子校です。

このハーレムで楽しむだけ楽しんで過ごす俺でした。