スマホで読む

風俗で働き始めた妻の初めての客は

「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」は、交通事故に遭い、勃起不全になってしまった夫の、高額な治療費を稼ぐために、風俗で働き始めた人妻のお話です。

初めての客は、かつての同級生。しかもその同級生からは、いじめ抜かれていたのでした。

お金が欲しくて、屈辱的なプレイを要求される主人公が、可愛そう。

スマホでこっそりと読んでみましょう。

人気漫画ランク

星ランク4

「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」の人気漫画ランクは、高ランクの4スターです。

白黒画像なので、4スターにしたのですが、中身は5スターランクです。

元同級生から、屈辱的な言葉を受けながら、これまた屈辱的な行為をさせられるのは、見ていてマンガの世界に入り込んでしまう感じです。

今、ものすごく流行っている様なので、本当に5スターレベルです。

風俗で働き始めた妻の初めての客は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:風俗で働き始めた妻の初めての客は…SP/PC-SEO

あらすじとネタバレ

「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」 の主人公は、旦那さん思いの、エロい身体をした巨乳の人妻です。

夫が交通事故に遭い、性的不能者になってしまってから、数年が経ったところ。

大好きな夫の、勃起不能を直すために必要な、高額の治療費を稼ぐために、専業主婦だった妻は、夫に内緒で、風俗で働き始めます。

「ジムに行く」とうそをついて、家を出て、その行先は、風俗。

風俗と言っても、エロい姿をポラロイドで撮られるだけのお仕事。

撮影依頼も多くあって、顔は自分で塗りつぶしても良いことになっていたので、アルバイト感覚で、稼いでいたのです。

もちろん、本番は無い前提なのですが、交渉次第で、ハメドリ撮影することもあったのです。

そんなときはもちろん、オプションなので、バイト代は高くなります。

風俗で働き始めた妻の初めての客は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:風俗で働き始めた妻の初めての客は…SP/PC-SEO

そして、今回提示された金額は、これまでにこのバイトで稼いできたお金の全部を合わせても、それよりもはるかに大きな金額だったのです。

その相手は、以前の同級生にとても似ているのでした。

その同級生は、自分をいじめ抜いて、転校にまで追いやった人物。

その性格は、陰湿で偏執的。

「それでも、お金が欲しい...」

様々な、変態プレイを強要します。

「自慰くらいできるでしょう」と言われて、巨大なディルドを跨がされます。

断れば、お金はもらえなくなります。

お金をもらうためには、どんな屈辱も受け入れる覚悟です。

そして、ついに本番へ。

風俗で働き始めた妻の初めての客は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:風俗で働き始めた妻の初めての客は…SP/PC-SEO

心とは裏腹に、体の方は、夫以外のものであっても、久々に中に入ってくる感覚は、想像していたよりも生々しく感じていたのでした。

中出しは、高額オプションなのですが、やっぱりガマンできずに、ギブアップブザーを押してしまうのでした。

もう少し我慢すれば、中出しで終わって、高額な報酬をもらえたのに...我慢ができなかったのでした。

そして待っていたのは、アナルセックス。

その最中に、旦那さんからの電話はかかってきて「昔の友達と会って話し込んでいる」なんて答えています。

気付いた時には、今までに発したことの無い様な言葉を、何度も言葉にして、男が満足して果てるまで、男の欲望の塊を受けとめていました。

そして結局、中出しされてしまうのでした。

感想

「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」は、屈辱的なシーンが見ものです。

お金のために、どんな屈辱も受け入れるのですが、その時の悲しそうな主人公の表情が、すごくうまく表現されています。

読み終わっても、なぜか身体が興奮している感覚が残る感じのマンガです。

ぜひ体験してみてください。

風俗で働き始めた妻の初めての客は…
無料立ち読み画像入口↓↓

【DMMコミック】同人:風俗で働き始めた妻の初めての客は…SP/PC-SEO

PCで読む

最近は、スマホ用のサイトが多くて、PCで大画面でゆっくりと読みたいと思っても、QRコードが出てきて見れない...と思っている人が多いと思います。

でも、この作品「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」は、PCもサポートしているので、問題なく大画面ではっきりと見る事ができます。

「DMM電子コミック」は、PCで大画面で見れるだけでなく、ぼかし部分が他よりも小さいのです。
際どい部分まで、キレイに見れて、とってもお得!!

下の画像をタップして「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」の、DMM試し読みを見に行って下さい。

風俗で働き始めた妻の初めての客は…
PCの方は、こちら↓↓↓↓をどうぞ。(スマホでも見れます)

【DMMコミック】同人:風俗で働き始めた妻の初めての客は…SP/PC-SEO

公式サイト

「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」は、公式サイトで、無料試し読みが出来ます。気軽に読んでみましょう!

公式サイトの無料立ち読みはこちら上のバナーをタップして「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」のDMM公式サイトの画像を見ることができます。

公式サイトの画像下方の「詳細を見る」をタップすると、無料立ち読み用の「サンプル画面」が出てきますので、無料立ち読み用の「小さい画像の一番左側」をタップすると、無料立ち読みがスタートします。
画面が変わっても、無料立ち読みが始まらない場合は、画面下にある「コチラから」をタップすると、無料立ち読みがスタート。

下方にある「今すぐ購入」「バスケットに入れる」をタップしなければ、料金は発生しませんので、安心して上のバナーから、無料立ち読みを、思う存分に楽しんでください。

公式サイトですから、ウイルスやスパイウエアの心配は全くありません!

良かったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてね。

風俗で働き始めた妻の初めての客は…の番外編

ここからは「風俗で働き始めた妻の初めての客は…」の番外編です。

本編とは、違う話の展開ですが、楽しんでいただければ、うれしいです。

新しいお客さんと、またお仕事開始です。

ズボンと下着を下して、目の前に突き出されたものが目の前にあります。

ぎこちなく口で応じる妻。

そのまま妻の服を脱がせていく同級生。

妻は、逆らわずに、脱がされていきます。

妻の豊満な身体がむき出しになります。

同級生は、ベッドの上で膝をついて、妻の口元に高さを合わせます。

妻は、同級生のこれ以上ないほど昂ぶったものに、唇をかぶせていきます。

手で頭を押さえられて、昂ぶったものが咽喉の奥へ挿入されていきます。

妻の呼吸がはずみます。

その状態で、両手でたっぷりと大きなオッパイを、両手でゆっくりと揉みたてます。

同級生は、妻の口から長くて大きなものを抜くと、妻の大きなオッパイに、その濡れたものを押し付けました。

そして、その竿棒の先っぽで、乳首を薙ぎ払うのでした。

妻が、また唇で奉仕しようとすると、同級生は妻を押し倒して、彼女の両びざを手で高々とすくい上げたのです。

明るいこの部屋の中で、妻の股間があからさまにされます。

妻は、小さな叫び声を上げます。

妻の女の部分は、潤みにまみれて濡れていて、艶やかに輝き放っていました。

同級生は、妻の両の膝を高く押し上げたまま、その中心部分に唇をつけて、その潤みを吸い始めます。

同級生の唇が淫らなピチャピチャと言う音を立てます。

舌がクレバスを這い上り、一つにより沿って、ピタッと閉じていた左右の柔らかい部分を押し分けます。

そして、左右のビラビラを、ひとつづつ強く吸います。

妻は、のけぞって押し殺した声を漏らします。

同級生の舌は、そのまま上の方へ上がり、女の一番敏感な部分を探ります。

その部分を探り当てると、それを舌ではじき上げる様に、したのです。

「あぁん...うっ..」

妻は、息の詰まったような声を漏らして、背筋を反らせます。

同級生は、大事な部分を舐めながら、体の向きを変えていきます。

そして、妻の上に腹ばいの状態になると、同級生の張り切ったものが妻の顔のところに...。

妻は、その竿棒に唇を重ねます。

同級生は、深く首を折り、妻の尻の谷間を手でこじ開けて、会陰部に舌を這わせます。

女の入り口を、舌で押し分ける様にして、舌先をわずかにそこに沈ませます。

同級生は、その女の穴に、指を入れていきます。

妻の唇の動きが激しくなり、狂おしげなものに変わっていきます。

さらに、もう一つの指で、妻のもう一つの穴に、浅く指をくぐらせます。

妻の口から、またうめき声が漏れてきます。

指で、そっと撫でられたり、やんわりと指を押し付けられたりしている内に、妻の引き締まっていた後ろの穴が、ほぐれる様に柔らかくなっていきます。

後ろの穴に入っている指に、強い抵抗が加わり、妻の身体が一瞬こわばったのです。

こわばりが無くなると、妻はのどの奥に響く様な甘いうめき声をあげて、差し込まれた同級生の竿棒を強く吸いました。

妻の中にくぐらせた二本の指に、強い痙攣が伝わってきます。

同級生は、後ろの穴にくぐらせた指を、くねらすようにしながら、奥に進めていきます。

同時に、前の穴に挿入された指も、奥深いところに届いていきます。

ふたつの指の間には、柔らかくて薄い熱い肉の隔壁があり、その部分を感じ取ろうとする同級生。

「ダメ...そのゆび...やめて!」

妻は、同級生の竿棒を、唇から離して叫んだのです。

同級生は、二本の指を妻の身体から抜くと、妻をうつ伏せにして、腰を高々と上げさせたのです。

妻の手が竿棒に伸びてきて、逞しいものを握りしめ、女の穴に導きます。

同級生は、その伸びてきた妻の手首を、そのままつかんで、竿棒を後ろの穴へあてがいました。

「そっち...ですか?」

「いやなのか?」

「ど...どこだって..いいです。」

同級生は、静かにゆっくりと、力を込めて挿入していきます。

妻は、息を詰めて、挿入されてくるものを待っています。

同級生の竿棒が、妻の狭いところをくぐり抜けると、詰めていた息が漏れ出して、苦痛と快楽が一つになった妖艶な声が自然と出てきました。

そして、ゆっくりと前後運動が始まります。

女の入り口とは違って、狭い入り口を出入りする時の感触は、何倍も強いものがあって、同級生もガマンしきれなくなります。

出る寸前に、後ろの穴から竿棒を抜き去ると、妻の口の中に挿入して、ドクドクと出て来る白いものを飲ませるのでした。

もちろん、その後で、後ろの穴で汚れた竿棒を、口でていねいに綺麗にしてもらうのです。