今夜、母と妊活します。・弐

「今夜、母と妊活します。・弐」は、進学で村を出る「一馬」とその母のお話。過疎化の進むその村には代々受け継がれてきたしきたり「裏祝言」があり、村民の血を絶やさないために、実の母との間で子作りの儀式をする事になります。